国連番号の検索と一覧表 > 国連番号の意味は

国連番号の意味は

国連番号とは、危険品に4桁の数字をふった番号のことです。これは各国で危険品を扱う際のルールがバラバラであったため、国連の専門機関にて、危険物リストを一覧にして、統一的に運用ができるよう、番号をつけたものとなります。

国連番号は通常UN0004など、頭にUNをつけてそのあとに4桁の数字をつけて表記されます。この番号には明確な規則性はありませんが、番号が特定できれば、危険品についてもそれがどのような危険物なのか、名称から取扱い方法、危険性、積載方法、隔離方法等がわかるようになっています。

番号に規則性がないとはいっても、たとえば危険物の中でも火薬類についてはUN0004からUN0509など1番台から500番台までに固めて採番されています。いっぽうで、UN1001以降からUN3500番台までは危険物のカテゴリーは入り乱れており、何番台だからどの種類の危険物であるというようなことは言えなくなっています。

国連番号のもつ意味は、基本的には危険物、危険品の同定、特定するための固有の番号ということに尽きます。数字そのものに意味はないものの、この番号にて危険物を判別していくことができるため、輸出を前提としている製品のMSDS等にも記載されている所以です。

国連番号が定まれば、例外的なものはあるにせよ、輸送方法、使うことができる容器、梱包方法、危険性、取扱方法、積載方法、隔離方法等についても定まってきます。