国連番号の検索と一覧表 > 国連番号3401〜3500 > 国連番号3485|次亜塩素酸カルシウム又は次亜塩素酸カルシウム混合物(腐食性のもの)(乾性のもので有効塩素の含有率が39質量%を超えるもの(有効酸素の含有量が8.8質量%のものに限る。))|CALCIUM HYPOCHLORITE, DRY, CORROSIVEorCALCIUM HYPOCHLORITE MIXTURE, DRY,CORROSIVE with more than 39% available chlorine (8.8% available oxygen)

国連番号3485 次亜塩素酸カルシウム又は次亜塩素酸カルシウム混合物(腐食性のもの)(乾性のもので有効塩素の含有率が39質量%を超えるもの(有効酸素の含有量が8.8質量%のものに限る。))|UN NO.3485

国連番号3485は、次亜塩素酸カルシウム又は次亜塩素酸カルシウム混合物(腐食性のもの)(乾性のもので有効塩素の含有率が39質量%を超えるもの(有効酸素の含有量が8.8質量%のものに限る。))のUN番号となります。UN3485とも表記され、IMDGコード(国際海上危険物規程)でのクラスや危険物船舶運送及び貯蔵規則、船舶による危険物の運送基準等を定める告示、航空機による爆発物等の輸送基準等を定める告示等で規定されている容器・包装の方法や品名、分類、積載方法、危険性等について規定があります。

同じ国連番号をもつ危険物でも名称とその取扱い方、ハンドリング方法が異なる品目があります。

また同一の危険物でも船便とエアー便とでは積載できるものから、規制内容についても異なるケースがあります。

船を用いた海上輸送の場合は下表の通りとなりますが、航空輸送の場合については下部のリンクを参照ください。

海上輸送における国連番号3485の品名、クラス、容器等級、英語表記等

国連番号3485|UN NO.|次亜塩素酸カルシウム又は次亜塩素酸カルシウム混合物(腐食性のもの)(乾性のもので有効塩素の含有率が39質量%を超えるもの(有効酸素の含有量が8.8質量%のものに限る。))【海上輸送】
国連番号|UN NO. 3485
日本語品名 次亜塩素酸カルシウム又は次亜塩素酸カルシウム混合物(腐食性のもの)(乾性のもので有効塩素の含有率が39質量%を超えるもの(有効酸素の含有量が8.8質量%のものに限る。))
英語品名 CALCIUM HYPOCHLORITE, DRY, CORROSIVEorCALCIUM HYPOCHLORITE MIXTURE, DRY,CORROSIVE with more than 39% available chlorine (8.8% available oxygen)
分類 酸化性物質類
項目 酸化性物質
クラス|等級 5.1
隔離区分 -
副次危険性等級 8
容器等級|パッキングループ U
少量危険物の許容容量、許容質量 1kg
微量危険物の許容容量、許容質量 E2
容器及び包装に関する規定 小型容器又は高圧容器(容器:P002、追加規定:PP85)
大型容器(容器:-、追加規定:-)
IBC容器(容器:-、追加規定:-)
ポータブルタンク(タンク:-、追加規定:-)
フレキシブルバルクコンテナ:-
特別規定:-
積載方法 D, 1135SP314
隔離 5
備考 -